バイオエタノールとは、

バイオマスを発酵させ、蒸留して製造されるエタノールのことをいう。
バイオマスとは、トウモロコシやサトウキビといった生物由来の資源のこと。
再生可能な自然エネルギーで、その燃焼によって二酸化炭素(CO2)量を増やさない点から、将来のエネルギー源として期待されている。
バイオエタノールを燃焼させて発生する二酸化炭素は、カーボンニュートラルだという理由で、京都議定書の規制対象外で、石油などの化石燃料から切り替えるだけで温室効果ガス削減となる。
本格的に普及させるために必要な原料生産量が確保できないといった問題がある。
大豆、トウモロコシ、サトウキビといった食料用作物を利用すると、需要が増加し、価格の高騰が起こり、飢餓に苦しむ人が存在するこの世界状況で本来の食料政策に悪影響が出ると懸念されいる。
危険性としては、ガソリン燃料からバイオエタノール燃料に切り替えた場合、排出ガス中の二酸化炭素量は大きく削減され、大気中のベンゼンやブタジエンは減少するが、他の発がん性物質ホルムアルデヒドアセトアルデヒドが大気中に増加してしまう。また、地域によってはオゾン濃度が高くなり、光化学スモッグなどの環境問題が、ガソリン燃料使用時よりも悪化する危険性が指摘された。


現時点で、バイオエタノールを使用する人間は、世界中にどのような人がいるのか考えたほうがいい。
確かに、化石燃料による二酸化炭素の発生や化石燃料自体の埋蔵量等、現状では解決しないければいけない問題が多々存在するが、バイオマスの食料用作物が食料として世界全体を補えていないことを考えると飢餓問題はより深刻になるかもしれない。


ベンゼンとブタジエンの変換として便前と豚自演が変換に出てきて笑ったよ。

広告を非表示にする