バーンダウンチャートの悪いところ

見積もりの甘いやつが使うと追加タスクがもりもり増える
どうしたらこんなに甘い見積もりができるんだってくらいもりもり増える
後半怒涛の追加タスクの増量を横目で見た

その点、ガントチャートは期限まで残りの日数が可視化されるので早めに対処ができる(締め切り間近感によるタスクの消化の促進)ので
多少甘くても後ろでカバーが可能(流石に締め切りを期限ギリギリに設定してると無理なのだけど)
そして、追加タスクのお願いがあれば期限を延長しないと正常に書き込めないので、追加費用と時間を要求しやすい

バーンダウンチャートは進んでる感を感じたい人に補助的に見せるのがよいでしょう
(何が終わって何がまだなのかもまともに見れないし)

非プライム会員はAmazonでの買い物はやめたほうがいい

最近はもっぱらヨドバシですが、たまーにヨドバシにないものが欲しい時があって、それを解決するのが以前まではAmazonでした
が、1,2年前から状況が変化しました

プライム会員優遇施策なんでしょうか、今まで購入できたものができなくなっていきました
ただの改悪なんですが誰も文句言ってないあたりが不思議ですが、それは置いておいて

粗悪品を検索結果の上位に表示することがかなり増えました
Googleも同様の傾向があるのでかなり危険度が上がった、スパムやら詐欺サイトやらが検索結果の上位にくることが増えた)

しかも、直接Amazonが販売しているものではなく、Amazonが発送はするが、まともに管理をしていない商品ばかり、
もっとひどいのが別の色の商品を選択すると販売している相手がしれっと変更されていることがある(これによって1度未発送詐欺の被害を受けた、返金済みだけどひどい)

ただ、1度も被害を受けたことがないのは別商品の発送(まぁ、最も面倒なパターンなので絶対に被害を受けたくないですがね)

で、なんでこんな質が落ちたのかというと
Amazonがやっていることは楽天の劣化だからです

当初の楽天は胡散臭い企業を集めてましたが、最近は質も徐々に改善されています
で、Amazonがその質の悪い連中&もっと質の悪いシロウトや詐欺集団や中国人を売り手として周知しました

そりゃ当然サービスの質劣化するわ

そんな詐欺を助長する企業のプライム会員なんてものになるメリットが1ミリもない
Amazonから商品を買いたいのにそれができないのであれば、店舗をしっかり強調してAmazonではないことをしっかりアピールして欲しい
そうでなければAmazonを利用するメリットがほぼ皆無

何年も日本市場を荒らし回った企業も時が経つにつれてその化けの皮が剥がれてきたのでしょうか

理由は何にせよ
日本での生活が不便になる要因になるようなECサイトは迷惑なので、さっさとどうにかなってもらいたい