同人誌をGoogleドキュメントで書いてたら最終的にWordになってしまった話

はじめに

C93にサークル参加できるのでなんちゃって技術書を書いてました。

技術書同人誌の闇

先人の方々はPDF変換ツールやらGithubでバージョン管理みたいなことをされているようで、真似するのも非常に面倒です。 もちろん、綺麗に構築されたテンプレートでもあれば気軽に利用できたかもしれませんが、そんなものはこの同人界隈にはない。TEXとか有名なものも言うほど便利でもない。

じゃあどうすればいいのか?

Word 使えばいいんです。

不幸の輪舞

Word 微妙だし、 共有もしやすいGoogleドキュメントでいいや、と印刷所に提出するまで余裕をかましていたんですが、提出して指摘がきました。

「これどのサイズにも合ってないです」

( ゚д゚) え?

「176mm x 250mm なんです。B5 は 182mm x 257mm です」

Googleに足元崩されました。ページ数とか GoogleのなんちゃってB5に合わせて作ってたのでさあ大変。どうしようと慌てていたところ、ふと目に入ったWord。すぐさま読み込んで表示すると、綺麗な B5サイズになりましたが、すべて謎の明朝体になっていました。終わったなと。しかし、一括変換でヒラギノフォントにすることができたので九死に一生を得ました。コードのフォントがヒラギノフォントというなんともいえない感じに。ただ、明朝体よりはマシなのでここで妥協。 初めからWord Onlineとかで作っておけばサイズ問題が発生せず、フォントに妥協する必要もなかったなと悔やみました。

A4 なら OK

実は、印刷所に一部間違えて A4 で提出してしまうミスをしてしまいましたが、これはサイズの問題がなかったので、次出すときは買い手には迷惑なA4で書くとGoogleドキュメントでも問題ないようになりそうです。

おわりに

いずれにせよ先人の石器を使わずに現代の最新技術を利用して、簡単に作れるのは Word でした。 Google に印刷のことを任せるのは少し控えた方が良さそうです。